基礎科・中学生コース

アートの世界へ飛び込もう!

 基礎科中学生コースは、主に美術系高校(デッサンや実技を伴う入試がある高校)を受験したい人のための基礎コースです。美術って難しいと思う人でも、まずは絵を描いてみることが大切です。最近では、普通科にいきたいけど美術は好きだからやってみたいとか、趣味で始めてみたい人も増えています。まずは気軽に研究所をのぞいてみて下さい。授業内容は、デッサンを中心に、ベースとなる観察力や表現力を身につけていきます。土曜・日曜コースとも午前の部/午後の部から選択でき、中学生の集中力に合わせた時間帯になっています。

詳しい授業内容はこちらから!>ゾネ美ブログ[基礎科(中学生コース)]

まずはモノをしっかりと観察し、美しさを発見することから。


 

静物モチーフを描く 写真を見て描く 平面構成基礎 黒と白で描く

基礎デッサン

すべての制作の基本になってくるデッサン課題を年間を通じて、学んでいきます! 石膏像を観察していると様々なものが発見できます。石膏像の表情や、光と影のきれいさなど、いろんな発見があります。うまく描くことではなく、いろんな感動や発見をさがしながら、基礎的なことをしっかり学んでいきましょう。
静物・人物・石膏・構成など様々なモチーフ、鉛筆デッサン・木炭デッサンなど幅広く勉強できるカリキュラムになっています。

スケッチ・クロッキー・イラストレーション

中学生コースでは、受験のためのデッサンだけではなく、野外スケッチ(東山動植物園・名古屋港水族館・愛知牧場など)や、お友達スケッチ・人物クロッキー会を定期的に行っていきます。落書き気分で楽しく描く事が大切です。他にもイラストレーションの課題なども行います。たのしく描く事が大事です。

着彩・色彩

主にアクリル絵具や透明水彩絵の具を使って、色の勉強をします。基礎的な色彩課題から、自由にモチーフを描いたり、様々な事を体験できます。

紙工作・オブジェ・模刻

立体課題にもチャレンジできます。拾ったものをオブジェにする課題や、野菜のリアル模刻、紙工作などいろいろな課題を体験できます。紙工作は市工芸高校の受験にも必要になってきます。

イベント

ゾネ美の中学生コースの特徴は、高校生の作品を見たり、アトリエ内の敷居があまりないのが特徴です。そこが大手の予備校と一番違うところだと思っています。中学生から良い作品を見たりできるように、美術館見学やギャラリーツアーなども高校生たちと同じ様にできるだけ刺激になるようなものを見せたいと考えています。また、野外スケッチや水族館スケッチなど遠足もかねての課外授業も行っていきます。

立体体験/野菜の模刻 スケッチ/東山動物園 イラスト/植物をモチーフに オブジェ課題
<基礎科日記(基礎科の楽しいイベント情報)>

 

美術系高校受験について

美術系高校の対策課題(旭丘高校美術科/工芸高校デザイン科/東邦高校美術科など)

2学期〜3学期になると、美術系高校受験クラスでは入試への対策課題も行っていきます。主な対応大学は旭丘高校 美術科、工芸高校 デザイン科、東邦高校 美術科、瀬戸窯業高校、常滑高校、愛知工業高校などの実技試験の対策に対応します。

中学生のための入試直前講習会

年間授業でしっかりと入試対策も行っていきますが、補えない部分やデッサンの枚数をもっと増やしたいという人に向けて、中3生用の入直講座も開設しています。中学生の入直講座は3h単位で選択でき、各高校の日程に合わせて平日にも対策を行えます。

開設コース・授業時間 *2017年度よりコースを改訂しました!

基礎科(中学生コース)カリキュラム

*学期途中のコース変更は随時可能です。

基礎科(高校生コース)ギャラリー

基礎科の授業紹介

ブログで日頃の授業紹介を掲載しています。興味のある方はブログをご覧下さい

詳しい授業内容はこちらから!>ゾネ美ブログ[基礎科(中学生コース)]