工芸科

もの造りのベースを学ぶ

 工芸科は、主に彫金・鍛金、染織、ガラス、木工、漆などの素材を扱い、伝統工芸を活かし工芸作品やプロダクトを制作していく分野です。素材を扱うのが好きだったり、手を動かして造ることに興味を持てる人は工芸科に剥いていると言えます。今まではデザイン工芸科として合同で行ってきた制作を工芸分野に特化して勉強できる様に、今年から工芸科として新設致しました。大学受験ではデッサン・色彩構成・立体構成が主に出題されます。粘土などの制作が多いのも工芸科の特徴です。東京芸大工芸科、愛知芸大陶磁専攻、金沢美大工芸科、多摩美術大学工芸、武蔵野美術大学工芸工業デザインなどを志望する生徒のためのコースです。

詳しい授業内容はこちらから!>ゾネ美ブログ[工芸科]

静物着彩1 色彩構成(モチーフ構成) 立体構成(粘土) 静物着彩2

デッサン

工芸科では鉛筆デッサンが主流です。静物・石膏中心に様々なことを学びます。
石膏・静物を中心に一年間を通して観察力や描写力を身につけていきます。

立体構成

国公立大学(東京芸大工芸・愛知芸大陶磁など)ではデッサン・色彩・立体と、三つの課題が出題されることが多いです。立体構成で大事なのは、「手を使って考えること」です。主に粘土を中心に模刻的造形、構成的造形を学んでいきます。

モチーフ構成/着彩系課題

工芸科の入試では平面構成の出題がモチーフを自由に表現する課題が主流です。アクリル絵具、透明水彩などを使用してモチーフ構成を数多く行います。また、色彩の基礎を学ぶために、静物着彩なども行います。

講評会

講評会では出来上がった作品の完成度やさらに追求できる仕事など、生徒とともにディスカッションし、創意工夫できるポイントを指導して行きます。工芸科では言葉よりも実際にデモンストレーションしたりして丁寧に指導して行きます。

開設コース・授業時間 *2017年度より週5コースに改訂致しました。

  • 工芸科カリキュラム
  • ◯工芸科は2015年度よりデザイン工芸科より独立して新設されたコースです。
    ◯2017年度より週5日のコースに改訂致しました。
    ◯入直込み/入試直前期には昼夜間部合同での制作が可能になり、
     年間学費には入直期・月〜土 9:30〜19:00の受講料が含まれています。
    ◯ゾネ美展参加/工芸科は毎年9月に開催される自由制作展に参加することが出来ます。

    工芸科 授業作品ギャラリー(新設したコースのため旧デザイン工芸科から抜粋し、掲載しています)

     

    合格者入試再現作品(掲載までもう少しお待ちください)

    合格者の中から実際に入試で制作した再現作品や、直前期の作品を中心に掲載します。将来目指す大学の合格レベルを知ってもらうため、上位作品からピックアップして掲載していきます。

        

    オリジナル課題や研究課題(掲載までもう少しお待ちください)

    大曽根美術研究所のデザイン科では、各大学などの入試対策だけに捕われず、総合的な感性をつけるために様々な研究課題や自由課題を用意しています。
    自由制作、ポスター・広告課題、映像紹介、発想課題、資料研究、タイポグラフィー課題、彫塑実習、パッケージデザイン課題、照明デザイン、空間デザインなど、科全体で行う課題やイベント課題を数多く行います。それぞれのコース別の入試対策課題とのバランスをもしっかりと考慮し、相乗効果で実力をつけていきます。

    工芸科授業紹介

    ブログで日頃の授業紹介を掲載しています。興味のある方はブログをご覧下さい
    >ゾネ美ブログ[工芸科]